しあわせポタリング

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ポリスポート(Polisport)」 社 チャイルドシート・・・

<<   作成日時 : 2010/04/24 23:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 1 / コメント 5

今回もレビュー記事である。。。

しかも、ロードバイクとは関係のない、
のほほ〜んとした商品である。


我が家では、最近よく、家族でポタる。
その時に活躍するのが 「ポリスポート(Polisport)」 社のチャイルドシートである。

1歳6カ月の息子を乗せるためである。

そして、ファミリーポタの記事には、
「ポリスポート」や、「チャイルドシート」など検索ワードからのアクセスが意外にあるのだ。

そこで、偶然でも、せっかくアクセスしてくださった方のために
詳しく紹介してみよう、というわけだ。


我が家が購入したのは。。。

「ポリスポート ワラローデラックス QST」


いわゆる「後ろ乗せ」であるが、リアキャリア(後の荷台)のない自転車、つまり、自転車のフレーム(骨組み)に取り付けるタイプである。
画像


「ポリスポート」社は自転車先進国のヨーロッパやアメリカを中心に世界50カ国で販売されており、
人間工学を駆使した乗り心地の良さが魅力のチャイルドシートとのこと。。。

安全性は。。。
「TUV(第三者機関)認証」
「GS(ドイツ機器安全法)認証」
と世界基準の認証を取っているので、まずは大丈夫そうだ。

・・・しかし「絶対」はありませんけどね


ではでは、いつものように詳しく見ていこう。。。

背もたれには、意外と弾力のある良いクッションを使用してある。
写真で伝わるだろうか?
画像
これは、取り外して洗濯も可能である。



そしてシートベルトは3点式
そのロックは。。。
真ん中の赤いボタンを押しながら、両側のストッパーを押さないと解除できない仕組みになっている。
恐らくある程度、知恵のついた子供でないと解除はできないだろう。
画像







で、実際に座らせてみると。。。

息子、1歳6カ月。
身長77センチでこんな感じである。
画像






足置きは成長に応じて4段階に調節できる。
画像





自転車のフレームへの取付ステーは、
後輪に重心を合わせられるように3段階に固定位置が調整できる。
画像




取付ステーの固定位置が決まれば、カバーをネジで固定する。
走行中に緩まないよう、噛み合わせを施してある。
些細な工夫だが、安全性において重要なポイントである。
画像




本来、クロスバイクやマウンテンバイクのようなスポーツバイクに取付けしやすいチャイルドシートなのだが・・・。
今回は妻のファッションサイクル、いわゆるママチャリに取り付けてみた。
画像



取付は付属の六角レンチ1本で簡単にできるのだ。

後ろから見るとこんな感じ。。。
画像
大げさなシートなので走っているとかなり目立つ。
でも、注目されるのは気持ちがイイ。



ウチの息子、体重12キロだが、後輪(泥除け)との隙間をこれくらいにしておくと、チャイルドシートが上下しても泥除けには当らない。
画像




そして前述の通り、スポーツバイクに取付しやすいチャイルドシートである。

シティサイクルやファッションサイクルに取り付ける場合は少々の注意が必要
場合によっては取付けができないこともあり そうだ。


ファッションサイクルは、シートチューブが短い。
つまり、シートチューブの先端(○印)が後輪(泥除け)の頂点より低い位置にある ことがほとんど。。。
画像
なので、シートチューブの先端のほう(上のほう)に取付ステーの固定器具を取り付けないといけない。
そして、サドルを固定するシートピンも締めたり、緩めたりするのに回せる余裕をとっておかなければいけない。
また、上の写真はチャイルドシートが上下しても後輪(泥除け)に当たらないギリギリの高さ(低い位置)に取り付けた状態である。
これ以上、低い位置に取り付けると、チャイルドシートが上下した時に泥除けに当たってしまうのである。


それらを考慮して取り付けた場合。。。
この時のサドルの高さに注目してほしい。

これ以上、サドルを下げることはできないのだ。


と言うのも、シートピンの形状や位置、
そしてサドルのバネが取付けステーに当たるので、サドルを下げることができない。
画像


つまり、サドルを低くくしてファッションサイクルに乗っている方は、このチャイルドシート・・・、諦めなければならない。

無理にサドルを上げて、足が地面に届かない状態で子供を乗せるのは大変危険
絶対にしてはいけない。


購入を検討されている方は、取りあえず、自分の自転車のフレーム形状と、
チャイルドシートの取付ステーの形状シートピンの位置と形状。。。
そして、今のサドルの高さ と、チャイルドシートを取り付けた時にサドルの高さ がどれくらいになるのか、
よく写真を観察して判断していただきたい。

わからなけらば、ショップに質問するのも良いだろう。

最も確実なのはチャイルドシートを購入してから、
自転車屋さんに持ち込んで、取り付け可能な自転車を購入することである。



ではでは、実際に子供を乗せてみよう。
こんな感じで。。。
画像


「後乗せ」はほとんどが2歳くらいから なのだが、これは背もたれが大きく、
シートベルトも3点式なので、1歳6ヶ月の息子でもしっかり固定して座れる。


このシートの特徴は、空中に浮いた状態ということ。
デコボコ道を走っても上下に揺れるだけで、「ガタガタ」といった振動はいっさいない。

乗り心地(=揺れ)が気持ちイイのか・・・。
息子は、毎回、眠ってしまう。
眠ったときの体勢はこんな感じ。。。
画像
実際はもう少しシートベルトを短くしたほうがよい。


もうひとつ、眠ったときの体勢。。。
画像




ちなみに私のマウンテンバイク(SCHWINN)に取り付けるとこんな感じ。。。
画像


画像
実際のところ、難なく取付できると思っていたが、シートチューブにはフロントギアのシフトワイヤーが通っていた ので、写真の位置以外には取り付けできなっかた。
スポーツタイプといえども、要チェック項目だ。


クドクドと長い記事になってしまったが、
取付可能であるか基本的なチェック項目は次の通り。

@取付けるフレーム(シートチューブ)の外径は28〜35mmの円形または長円形である。
A取付ける自転車のタイヤ径は24〜28インチである。
B取付ける箇所にシフトワイヤーや突起物がない。
C取付けたときに、チャイルドシートと後輪の隙間は充分(最低でも5cm以上)確保できる。
D取付けたときのサドルの高さは、地面に足の届く高さである。
E乗せる子供の体重は9〜22kgである。

@〜Eを満たしていても必ず取付可能というわけではない
実際に取付作業をしてみると、予期せぬ障害があるかも。
また、ビーチクルーザーや電動アシスト自転車など
特殊フレームの自転車への取付は困難かと思われる。

高価な買い物なので、よくよく検討してほしい。





このチャイルドシート、個人的には安全性、快適性、目立ち度から見て、かなりイケてる商品だと思う。
また、スポーツタイプの自転車に取り付ければ欧米的でカッコイイと思う。。。


簡単に取り外し、取り付けが出来る ので、
我が家ではファミリーポタリングの際、妻の自転車か私の自転車か、
どちらの自転車に取り付けるか、その都度、選択している。



このタイプのチャイルドシートは「HAMAX(ハマックス)」社製のものもよく売れてるそうだ。

しかし、「ハマックス」より「ポリスポート」のほうが取り付け可能な車種は多いように思える。

「ハマックス」は別売りパーツで取り付け可能な車種が広がるが、
そのパーツが意外と高価なのだ。



そして、こういった商品は品切れになると、
次に輸入されてくるまで結構な時間がかかる。

「欲しいと思った時」、「在庫がある時」が買い時である。


一応、楽天ショップのバナーを貼り付けておくが、
楽天のトップメニューから「ポリスポート」で検索すれば
約50アイテムほどヒットする。
購入を考えている方は少しでもお得な買い物が出来るように
価格順に並べ替えて検討してはどうだろうか。

ちなみに、グレードは下位から、
「ビルビー」「ワラロー」「ワラビー」である。

「ビルビー」と「ワラロー」はキャリアに取付けるタイプもあるので間違えないように。



この記事がほんの少しでもお役に立てば
気持ち玉やコメントなんぞ残してくださいな。


<2010/5/28 追記>
取り付けホルダーを単品購入しましたので
記事をアップしました。 ⇒ 「ポリスポート 別売りホルダー」





Polisport(ポリスポート)ワラビーデラックス grey/silver
ナチュラム 楽天市場支店
/g1041/g202/g308/mO47/●お子様体重:9-22キロ●タイヤ径26-28インチ用●


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アクセスランキング・・・
私のこのブログ。。。 ...続きを見る
しあわせポタリング 2010
2010/10/21 13:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
うちの子供も1歳5ヶ月、そろそろキャリアが欲しいと思っていたところで、ポリスポーツのがいいな、と検索してここにやってきました。いや、それにしてもレビュー完璧です。とても参考になりました! うちの奥さんのママチャリには、たぶんサドルの高さのおかげで設定が難しそうってこともわかりました。しかし、宙に浮いてるっておもしろいですね。子供の体重をあのステーだけで支えられるのかすごく疑問ですが・・・。
せーじ
2010/06/08 00:09
せーじ 様
コメント有難うございます。1歳5ヵ月のお子様、可愛くて仕方ないでしょうね

私の場合、荷台のない私の自転車にも取り付け可能な後ろ乗せシートを探してポリスポートにたどり着きました。
やはり当初は、子供の体重をホントに支えられるのか心配でしたが、実際に使用してみると、かなり頑丈な作りになっていますので、自転車側のフレーム強度に問題がない限り、取説通り、22kgまでは大丈夫かと思います。海外で多くの実績もあり、現在のところリコール情報もないので大丈夫だと思いますが、乗せる前に取付け器具の緩み等ないか点検するように心掛けております。宙に浮いている分、乗心地はサイコーのようです。。

奥様の自転車にポリスポートの取付けが難しいのは残念ですが、お子様にピッタリの良いシートが見つかるといいですね。

私、育児ブログも開設しております。くだらない記事ばかりですが、お時間がございましたらお立ち寄りください。このブログのトップからリンクしております。
ちゃまリン
2010/06/08 12:39
Polisport って Schwinn の MTB に着くのですね。
HAMAX もそうですが、シフトワイヤーがネックだと。。。
この自転車(Frontier?)もフロントディレイラーのワイヤーがあるように見えるのですが、どう処理されたのかが知りたいです。
私も、近々 Schwinn+Polisport デビューをしたいと思っています。
かつ
2010/08/10 14:06
失礼しました。上記質問は撤回します。
よくよくみると、フロントディレイラーのワイヤーはシートチューブにはないんですね。確認したので、schwinn MESA SPORT とポチッとしました。

あとは、polisport をどうやって入手しようか画策します。
かつ
2010/08/10 21:07
かつ 様
ブログにお越しいただき有難うございます。
自転車は察しの通り「SCHWINN Frontier」です。
そして、シフトワイヤーはシートチューブを通っています。でも、写真の位置だと、ワイヤーがアウターを通って湾曲している分、わずかな隙間があり、チャイルドシートのホルダーはワイヤーにギリギリ、干渉することはございません。
逆に言うと、この自転車の場合、写真の位置以外にチャイルドシートのホルダーを取り付けることができませんでした。ご参考までに。。。

Polisportデビュー、楽しみですね。
ちゃまリン
2010/08/11 01:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ポリスポート(Polisport)」 社 チャイルドシート・・・ しあわせポタリング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる